U.C.N.D.K大学とのセッション

昨晩は、ギラン氏が現地大学で、我々はオンラインで日本から参加の初セッション。
フリーディスカッションを中心に進めました。

やはり、学生からは毎日の日々の生活一日一日を乗り越えて行くために、
今の時点で医療機器や材料がない問題を訴えられました。

(コンゴ東部はより切実なのか)今生きるための緊急支援も平行に、
長期的なビジョンで平行して教育の提供なのかなと感じました。

また、将来は何をしたいか?という質問に対しては、大半が医師であり、外科医、感染症医、栄養士などが多く、
中には医療制度を変える政治家やヘルスコミュニケーション文野で
デジタルを生かしてイノベーションしたいと言う学生さんもいました。

モチベーションが高く、目を輝かせてる学生さんが多く、彼らの成長の一助になりたいなと思うと同時に、
関わるからにはの責任も感じました。

一つ一つの課題を真剣に考えて、解決、改善策を実行するべきだと痛感しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。