稲垣大輔氏の教育セッション

今回は、日本人臨床工学技士で医療機器管理の専門家である稲垣大輔氏に教育セッションをお願いしました。 

コンゴ民主共和国の学生に、病院や医療施設における臨床工学技士の役割について説明、 
多くの国ではまだ導入されていないこの専門分野について話し合いました。 

医療機器の管理・予防的メンテナンスは、機械を長く使用するためには重要なことです。

コンゴ民主共和国でも医療機器管理コースを導入する必要があると考えるとともに、
将来医師になる医学生にとっても多くの命を救うための効果的な医療機器管理プログラムを知っておく必要があると感じました。


We welcomed Mr. Inagaki Daisuke, a Japanese Clinical Engineer and Expert in medical device management. 
He explained to our students in GOMA / D.R. Congo the role of Clinical Engineers in Hospitals and Medical facilities. 

The students asked many questions, and we discussed this area of expertise that has not yet been developed in many countries worldwide. Management of medical devices is a significant challenge that impacts the duration of utilization in healthcare facilities. We thought it was necessary to introduce a medical device management course into the curriculum. Our medical students, who will be future doctors, should know that it is their responsibility to design effective medical device management programs to save more lives.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。